2010年04月03日

「夏 情熱の大阪」・・07.7【プロローグ】

800px-Osaka_Castle.jpg

プロローグ
突然ですが、14日(土)〜16日(日)まで大阪を訪ねます。
 本当は、今年の9月頃まで行く予定はしてなかったのですが、偶然の積み重ねは恐ろしいもので、あれよあれよと大阪旅行が決定と相成りました。

行きは、羽田からANA13便にて大阪国際空港へ。
帰りは、今までと趣向を変えて難波から近鉄が誇る特急「アーバンライナー」で名古屋へ。名古屋にも数時間は滞在し、そして帰ろうかと思います。

 今のところ見てみようと決めているのは、
「天王寺七坂」、「中之島のダイビル」、「法善寺横町」、「OBP」、「西梅田」、「御堂筋」、「大阪城周辺」、「新大阪」、「彩都」、「大阪天満宮」(天神祭りが近いですから、どんな感じか見てきます)、「靱公園」などです。

 あと京阪電車で京都から大阪まで各駅で行ってみるのも考えています。
 なんでも京阪では、この春から各駅ごとに発車時のメロディを変えて、全て聞くと1つの曲になる、という斬新な取り組みをしているそうですので、どんなものか聞いてこようと思います。
 まあ、本心は「京阪電車に乗りたい!!」というのがあるのですが(汗)

 夏の暑い盛りに上阪するのは初めてです。
 
 さてはて、どんな旅行になるか自分でも楽しみです。


-------------------------------------------------------------

そうなのです、私は「京阪電車」が好きなのです。
 あのレベルの高い車両群、「大都会・大阪」の緊張感と「ゆったりした町・京都」の、のんびり感の絶妙なバランスが何とも言えない魅力を醸し出していると思うのです。

 あと大阪を歩いていて思うのは「大阪はマナーが悪い」というのは、本当に間違っているということです。
 全ての大阪人がマナーが良いとは言えません。でも、それは東京も他の都市も同じ事です。
 「大阪だけが悪い」というのは実にナンセンスな話です。

 大阪旅行、いまから楽しみであります。しかし懸念もあります。

 それは「台風」。台風4号が14日(土)の三時頃には近畿圏に差し掛かっていると予報が出ているんです。
 ん〜、どうなるか。飛行機は、ちゃんと飛ぶだろうか。伊丹に着陸出来るだろうか。無事に大阪に降り立っても、鉄道網はキチンと動いているだろうか。
 文字通りの「嵐の予感」も無きにしも非ず、というところです。

 あと、もう1つの懸念が旅だちの前日に「送別会」があるという事。
 なんせ長年に渡って皆に尽くしてきた人が栄転という事で、えらく盛り上がる事は必至な状況であり、場合によっては「酒づけの体で、一睡もせずに旅だち」ということも考えられるのです。

 今までの旅行と違って、今回は最初から波乱含み。
 さてはて、どうなることやら。

------------------------------------------------------------

只今、家に帰ってきました。大変に送別会は盛り上がったのですが、何せ高齢者が多い職場ゆえ一次会でお開きと相成りました。
しこたま飲みましたが、明日の旅立ちは、どうやら落ち着いていけそうです。

 台風が気になりますが、事ここに至ってはジタバタしても始まりませんので出たとこ勝負で腹をくくって大阪を目指します。

 マスメディアによる大阪の印象操作は確かにあります。私が大阪旅行で撮った大阪の写真を見せると、
「えっ、大阪って大都会なんだ」「大阪にも超高層ビルがあるんだ」という信じがたい声を聞く事があります。

 私は、それを聞くととっても悲しくなります。
「一体、東京の繁栄となんだろうか」「日本のありかたとは、なんだろうか」と考えてしまう。

 歴史があり、日本の歴史上欠く事が出来ない大阪を、ここまで貶めるとは。

 大阪の再評価なくして日本の真の発展はないのでは、と思います。


posted by 松村和弘 at 22:48| Comment(0) | 上阪感想記:1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。