2010年04月03日

「夏 情熱の大阪」・・07.7【大阪城から】

Osaka_Castle.jpg

絶景かな大阪 そのA 大阪城から
 〜大阪城とOBPと大大阪 パート@〜

 大阪城。知らぬ者がいない天下の名城、三国無双と謳われた名城である。

 平成の今、この名城と、その周辺には大阪の中枢機能やかつての歴史を伝えるものが沢山ある。それらを見てきました。
 お手元に大阪の地図があるとわかり易いかと思います。
 それでは始めます。

 16日(日)午前11時、ホテルをチェックアウトし森之宮方面へ歩き出す。城中焼七埋骨墳と書かれた碑が左に見える。写真を撮ろうと思ったが何だか不気味な感じがしたので、撮らずに歩みを続ける。

 玉造筋に出る。目の前に大阪環状線の高架と近鉄森の宮ビルが見える。
この近鉄森の宮ビルの南側にはJR西日本と大阪市交の電車基地がある。
 これらが移転し跡地に新しいオフィスビルやマンションなどが出来るのが理想だと思う。

 玉造筋を大阪城に沿う形で歩いて行く。途中、大阪城弓道場があり学生らしき若い人達の頭が壁の上から見える。
 そして歩いていると、ジョギングをしている人達とすれ違う。
 スポーツのメッカ・大阪城と言えるだろうか。

 JRの大阪城公園駅に差し掛かる。若い人達が沢山、駅の階段から降りてくる。この階段からOBPを撮る。そして第二寝屋川に架かる弁天橋からも。
 ここからのOBPの写真は、松村さんも撮られていましたね。

 弁天橋を渡り、いよいよOBPのエリアに突入する。昨年の10月にも訪ねてはいたが、ここまでは来ていなかった。今回は詳細に見て周ろうと考えている。

CIMG8321.JPG
いずみホール・ニューオータニを眺めつつ歩く。
 住友生命本社ビルやOBPキャッスルタワーといったシックな外観なオフィスビルが、なかなかに格好がいいと思う。

 OBPの真ん中を通り抜ける道路の上に架かる橋からの眺めが、これまた美しい。
 真正面に光り輝くブルーのクリスタルタワー。
 左側に住友生命本社やOBPキャッスルタワーのシックなビルが。
 右側に銀色のツインタワーが。
 ここでも写真を一枚、パチリと撮る。そして歩いて行く。

 KDDIビルの前に出る。ん〜、このビルは少し安っぽい感じがします。
 東京海上日動ビルの前に。このビルは写真で見るより遥かに格好がいい。
 つや消しの黒でビル全体が構成されている。落ち着いた大人の男性、といった趣がある。
 読売テレビ本社に出る。1階の車庫には中継車が沢山止まっている。
 このビルは、東京の放送局のただデカイだけで浮ついたデザインと違って好感が持てる。そういえば大阪の放送局の本社ビルは、どれも好感が持てるデザインだと思う。東京の放送局は、国の政策によって絶対に倒産する事が無く、大した努力もせずに絶対に圧倒的に儲かるようになっている。
 こういった事が本社のデザインにも表れているのでは、と思えてならないのだ。危機感無き組織、競争無無き業界は、いつかは崩壊するのだが。

1208787776_1.jpg
 寝屋川に出る。左に曲がり歩いて行く。
 高級ホテル、モントレラ・スールが入るマルイトOBPビルの前を歩いて行く。このビルも良いデザインだと思う。そして全体のバランスを考えての高さやデザインだと言えるのではないだろうか。

 そして京橋駅からOBPへ繋がるペストリアンデッキの下へ。
 この下から左を見るとモントレラ・スールが入るマルイトOBPビルとツインタワーの間に道路があるのだが、その道路の両側には並木があり、その様は‘‘緑のトンネル’’といった感じで、オフィスビルの谷間に爽やかな空気の通り道だと思う。

 そしてOBPの象徴として、よく目にするツインタワーを眺めつつ歩いて行く。松下電工のビルがある。これは随分と古いと思うのだが、いつからこの場所に建っているのだろうか。

 そして片町橋の袂へ。クリスタルタワーの下でもある。
 いつ見てもクリスタルタワーは美しい。

 そしてOBPのOBPの真ん中を通り抜ける道路に出て歩いて行く。

 ※私が撮った写真を「大阪情報画像サロン」にて公開します。
 携帯のカメラでの写真ですから画質は、あまり良くないのですが雰囲気だけでも感じてください。
CIMG8323.JPG

OBPの真ん中の大通り・城見通を歩いて行く。
 自分の背中には、クリスタルタワー。
 右側に松下IMPビル。左側にはOBP円形ホールの案内が。
 そしてツインビル。

 城見一丁目信号へ差し掛かる。京橋駅方面からも大阪城公園駅方面からも老若男女を問わず沢山の人が歩いて来る。
 昨年10月に訪ねた時にも見た同じ光景。本当に賑わいがあり、オフィス街とは思えない華やかな雰囲気がある。

 富士通関西の前を通り過ぎて行く。富士通は開発拠点を集約すると報道があったが、ここはどうなるのか。隣の駐車場と合わせて気になる場所です。
 その駐車場の隣には小さいながらも公園があり、のんびりと弁当を使っている人や木陰で新聞を読んでいる人がいる。大都会の中の、のんびりした落ち着いた光景。きっと平日だと若いOLさんなどで賑わうのでしょうか。
 
 この公園の城見通を挟んだ反対側には、OBPキャッスルタワーがある。
 名前だけだとマンションみたいだが、立派な超高層オフィスビルである。
 黒っぽいシックなカラーリングとセンスの良いデザイン。
 考えてみるとOBPの東側は、このOBPキャッスルタワーや住友生命本社ビル、東京海上日動ビルと、大人なシックで落ち着いたデザイン・カラーリングのビルが並んでいる。
 これが意図的に、これらのビルを配置しているのならば大阪恐るべし、である。デザイン都市・大阪の面目躍如といったところか。

 再び、玉造筋に出て城見通を渡って住友生命本社ビルの前に出て、今度はクリスタルタワーへ向かって歩いて行く。
 OBPキャッスルタワー、松下IMPビルの前を通り過ぎてクリスタルタワーの前、城見1丁目西信号の前に。
 
 そこから第二寝屋川に架かる、新鴫野橋を渡って大阪城に突入する。

 そして大阪城探訪記が始まるのです。


posted by 松村和弘 at 23:09| Comment(0) | 上阪感想記:1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。