2010年04月05日

07年秋 芸術の秋 歴史の秋 散策の秋【秋・旅立ち】

今回編集の感想記は秋バージョンです。
私のお気に入り、「よっさん、福島のフランス料理屋で美女二人を横目で見ながらシチューを喰らう」のくだりもあり、編集するのが楽しみ(^^)
-------------------------------------------------------------

突然ですが、10月の6・7・8の三連休に三ヶ月ぶりに上阪しようかと思います。

 どうも私は、大阪との相性が抜群に良いみたいで、しばらくの間大阪に行っていないと大袈裟に書けば‘‘禁断症状’’のようなものが出てきて、「大阪の空気が吸いたい」という気持ちが込み上げてくる。
 
 そして大阪に行くと、色々と考える事や刺激を受ける事が多くて、日常生活への好影響を及ぼす事、極めて大なのです。

 最近、どうも頭の回転が鈍りぎみなので、メンテナンスを兼ねて大阪へ。

 実は今日、羽田空港に行って8日(月)に大阪から帰ってくる足として関西国際空港から羽田へ本日から就航を始めたスターフライヤー航空の便を予約してきました。
 随分と予約は好調のようで、19時30分発の便では窓際の席はごく一部しか残っていませんでした。
 また羽田の窓口にあったボードには関空行きは全て「満席」の表示があり、まずは順調な滑り出しのようです。

 なにわともあれ久々の大阪、どこを見ようか今から考えている私なのでした。

11930.jpg
------------------------------------------------------------

今回の新しい探訪ポイントとしては、

帝塚山・阪堺電車と芦屋という大阪の高級住宅街の見比べ、仁徳天皇陵、和歌山城と彦根城(それと『ひこにゃん』も)、天王寺七坂、天王寺周辺(HOOPなどこれからの要注目ポイント)、などを考えてます。

6日(土)から8日(月)の三日間、長い時間大阪に滞在しますので、他にも色々見てみようかと考えてます。

------------------------------------------------------------

来週の今頃は大阪にいるはず。今から楽しみです。
 予定も決めつつあります。
 大阪へは全日空にて羽田から大阪国際空港まで。機窓からの大阪を、また楽しみます。
 大阪からの帰りは関西国際空港から羽田までスターフライヤーで。
 第二滑走路が出来た関西国際空港を見学してきます。

 宿泊先は、来年の3月31日に再開発の為に営業を終了するリーガグランドホテルを選びました。長い間、大阪を中之島を見続けてきたホテルを見てみようと思います。

 見学先は国立民族学博物館、市立科学館、市立美術館、慶沢園、天王寺七坂、今宮戎神社、大阪歴史博物館、なにわの海の時空館、国立国際美術館、藤田美術館などを見てみたい。
 
 見たい所が沢山ありすぎるのですが、上手く計画して見て周りたいと思います。


------------------------------------------------------------

おはようございます。

 今、大阪国際空港の南ターミナル9番搭乗口にあるインターネットコーナーにて書いています。

 8時に出発したANA15便は極めて順調に飛行。
 ほぼ定刻どおりに大阪へ到着。SKY PATIOという飲食コーナーにて柿の葉寿司などで朝食を採ったところです。

 朝日に輝く大阪の街は、相変わらず美しい。そして格好が良い。

 今回も大阪の街を充分に堪能出来そうです。

 それでは街中に向かいます。

-------------------------------------------------------------

こんばんは。

 大阪から御陰様で無事に帰宅となりました。
 今回の大阪旅行も非常に収穫が多い、実り多いものとなりました。
 
 何度も大阪へは行っているのに、行く度に新しい発見がある。
 改めて大阪の奥の深さを実感してます。

 「民族が勃興する時に、そこに音楽がある」
 そんな言葉を聞いた事があります。

 私は大阪に行くと、その時にテーマソングと言える音楽が頭に浮かびます。
 前回はイギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した「威風堂々」でした。これはグーグルで検索すると試聴出来るページが出てきますのでお試しあれ。本当に良い曲です。

 で、今回の旅行。一つ私の中で替え歌が浮かびました。
 思わず頭に浮かんだ曲と、その時に目に写った光景が、この歌詞となりました。

 鉄道唱歌のリズムで口ずさんでみて下さい。
 気に入って頂ければ幸いです。

♪ 世界に誇れる大阪市
   天空突き刺す摩天楼
    七代 市長が作りたる
       輝く御堂の大通り

♪ 世界に誇れる大阪市
    悠々流れる川の流れ(「水流れ」と呼んで下さい)
      世界に冠たる水都なり
         八百八橋の大阪市

♪ 世界に誇れる大阪市
     歴史文化の集積地
        文明進歩の宝箱
         人類進化の鏡なり

♪ 世界に誇れる大阪市
     街中響く槌の音 
       大攻勢に撃って出る
         自信に満ち足る大阪市  

 明日から感想記を書いていきます。宜しくお願いします。



posted by 松村和弘 at 11:48| Comment(0) | 上阪感想記:1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。