2010年04月11日

◇大阪都構想:橋下知事



テレビ映像は、4/7・Nアンカーは削除されたようなので入れ替えました。
今年になって、大阪都構想をぶち上げた橋下知事の発言が波紋を広げている。
3月25日には「大阪維新の会」の具体的な構想案が報道され、現実身を帯びてきた。産経MSNの報道は以下の通り。

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100325/lcl1003250025000-n1.htm
東京都制モデルに府・市統合 橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明
2010.3.25 00:20

 大阪府の橋下徹知事が4月に立ち上げる新党「大阪維新の会」の構想案が24日、分かった。大阪府と大阪市を解体した上で再編する「ワン大阪」の具体案を提示。
東京都制をモデルに、特別区よりも権限と財源を持つ「都区」(仮称)制度を設置。
都区の首長は公選制で、5年以内に新たな大都市制度を具体化するという。

 「大阪維新の会」は4月1日に府議会新会派を結成。4月中旬には、地域政党(ローカルパーティー)も発足させ、代表には橋下知事が就任する見通し。

 まずは大阪府、大阪市、堺市の議会で過半数確保を目標とし、その後の大阪市長選でも候補者擁立を検討。
府・市議会と知事、市長が一体となった自治制度の実現を目指す。

 構想案は「大阪再生マスタープラン」。産業基盤の整備や広域調整を担う広域自治体と、生活基盤を整える基礎自治体に行政の役割を分担する。
また、府議会、大阪市議会の定数削減も打ち出し、府議会では現在の112人を88人とする方針。

posted by 松村和弘 at 09:28| Comment(0) | 橋下知事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。