2010年04月16日

大阪都構想:大阪都区部 区割り私案

大阪都構想、私の案、大阪都区の区割りをまとめてみました。よっさん依頼の大阪市内についてです。
「大阪維新の会」大阪都構想の現大阪市内8区ですが、私はけっきょく10区になってしまいました。
大阪維新の会案とどう変わったのか? 北区は福島区のみで統合し、城東区を南北に分けました。それ以外は3区統合を2区としたりしています。10区分割でも、平均26万人となりますから、特別区であっても、小さくても全然かまいませんし、そんなに小さくないです。

それで。大阪都区部は22区になりましたが、20区としてあるのは、何か理由があるのかもしれませんね。東大阪が分割の含みを残しているとか? そうなると、東京23区よりも区が多くなるかもしれません。どちらかといえば、一区の面積は東京より大きく、区の数は少し少なめがいいですね。私は別にこだわりませんけれども。
番号は適当に通しナンバーとしました。自治体コードとか、何か意味があったのかもしれませんが。

line_img2kk.png

01北区・福島区(拠点駅:梅田・天満・福島):大阪の最重要部、中之島も含み多少狭いくらいがいい。北区・大淀区の合区があるので昔の3区ともいえる。
02西区 ・港区・浪速区(難波・弁天町):西区はビジネス街としても重要。浪速区は難波に接した位置。港区は弁天町・天保山も。
03此花区・西淀川区(西九条・姫島):北西臨海部・USJ、北港、舞洲、夢洲も。淀川で離れるが、架橋で連絡。
04都島区・旭区・鶴見区・城東区北(京橋):北東重要部、玄関駅として京橋の整備を手掛ける。城東区は南北に分割。
05中央区・東成区・城東区南(新京橋・堺筋本町・心斎橋):都心部の要地だが、台地東の低地にも注力。とくに森之宮の電車基地、清掃工場の移転で大規模開発。大阪城公園駅は新京橋と改称し東部の中央駅としたい。
06 淀川区・東淀川区(新大阪・十三・淡路):新大阪が最重要地。西淀川は分離。
07大正区・住之江区・西成区(南港・大正・岸里):西南臨海部、南港も含む
08天王寺区・生野区(天王寺・上本町):現天王寺に生野を組み込む。
09阿倍野区・住吉区(阿倍野):阿倍野が天王寺と組むのは近鉄への配慮でやめる。
10東住吉区・平野区(平野・喜連瓜破):分区以前に戻る。

11区堺区 西区 :堺市その他は維新の会案、そのまま。
12区中区 南区
13区東区 北区 美原区
14区豊中市
15区吹田市
16区守口市
17区八尾市
18区松原市
19区大東市
20区門真市
21区摂津市
22区東大阪市

以上になります。
とりあえず、「都市の景観と躍動」としては初めての大阪都構想記事です。このカテゴリーは続けたいと思っています。


posted by 松村和弘 at 22:34| Comment(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。