2010年04月22日

08年4月 桜の残り香を追いかけて【 猪瀬直樹様】

 拝啓、猪瀬直樹様。
 東京都副知事に就任されて、お忙しい日々を過ごされているかと存じます。
 東京にて仕事をする一人としまして今の東京を良くする為に些か耄碌してきたかに見える東京都知事の片腕として更なる御活躍をお祈り申しあげる次第であります。

 思い起こせば自民党をぶっ壊すとまで放言した総理大臣の肝いりで設置された道路関係四公団民営化推進委員会の委員としての貴方様の活躍らしきものは目覚しいものがありましたね。
 かく言う私も週刊文春誌上にて「新名神は京滋バイパスがあるから不要」という勇ましい考えに「そうか、無駄な道路は要らないな」と思ったものでしたが、貴方様が東京都副知事となられ、東京圏の道路整備の凍結が一本も無い今となっては道路財源を東京圏に回す為に考えられた深謀遠慮っぽい考えに気がつかなかった私の不明さには恥じ入り懺悔の日々であります。

 私は政治を行なう者は『想像力』が大事だと心得ています。
 民の生活はどうか、そう言えば大坂には竈から上がる煙が少ない事に心を痛め善政に務めた帝がいました。これは「竈から上がる煙が少ない⇒米が炊けないほどに生活が苦しいに違いない」という『想像力』が働いた賜物でありましょう。

 猪瀬直樹様、失礼ながら貴方様には『想像力』が決定的に欠けているのでは、と新名神と京滋バイパスを走って確信した次第であります。

 貴方様は『名神には京滋バイパスがあるから新名神が要らない』と主張をされていました。これは私が当時、週刊文春を毎週欠かさず読んでいましたので間違いない事であります。

 新名神と京滋バイパスでは道路の構造がまるで違うのです。
 新名神は正しく21世紀の高速道路。京滋バイパスは20世紀の過去の思想の道路です。
 交通量が日本一とも言われ大阪を中心として新しい工場建設が相次ぐ近畿圏と首都圏・中部圏を結び渋滞そして冬期は豪雪による交通規制が頻発する名神の代わりには京滋バイパスは成り得ない構造・立地であります。

1197380747_1.jpg

1198463308_1.gif

貴方様は何を基準に何を考えて新名神は凍結すべし、と主張されたのか実際に走ってみて理解に苦しむのです。
 まともな感覚を持っていれば詳細な道路情報を持っておれば他の地域に道路財源を回そうという疚しい考えがなければ有り得ない考えでありましょう。

 えっ、道路関係四公団民営化推進委員会で検討を重ねていた時には新名神は完成していなかったので分からなかった?
 それは理由にはならないではないでしょうか。それを『想像力の欠如』と言うのではないでしょうか。
 名神の交通量、そして京滋バイバスと新名神の設計図を見て頭で考え想像をし『どうしたら良いか』を考えるのが、当時の貴方様の仕事ではなかったではないでしょうか。

 それが出来なかった、あるいは出来ない・つまり能力が無いのであれば、誠に失礼ながら貴方様には政治に関わる資格が無いと申しあげるしかないのです。
 能力が無い者に、貴方様も御存知の通り国も東京もは財政が苦しいわけですからびた一文払う余裕は無いのであります。

 62歳になられる貴方様に、これから頭を柔らかくして想像力を持ち政治に携わって下さい、と申しあげましても既に貴方様が生きてきた時間よりも之からの生きられる時間の方が短い貴方様には難しい事かと存じます。

 つきましては誠に僭越ではありますが、これ以上の老醜を晒さぬ為にもこれ以上東京都政には関わらない方が宜しいかと進言申しあげる次第であります。
 また貴方様にこれ以上東京に関わられては私が生まれ育った東京にとって迷惑と言うものであり東京都民の血税の無駄遣いでもあります。
 何しろいずれ沈み行くドロ舟・新銀行東京に400億円も溝に捨てるような血迷った決定が下されたのですから、これ以上の無駄遣いは止めてほしいのであります。

 これからはお体に気をつけられ東京都副知事を退かれ、作家時代の印税で悠悠自適の生活を営まれた方が貴方様の心身にも東京都の為にも良いかと存じます。

 乱筆・乱文、お許し頂ければ幸いでございます。
                         敬具


posted by 松村和弘 at 14:27| Comment(0) | 上阪感想記:11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。