2010年04月23日

08年 桜の残り香を追いかけて【明け方の湾岸線】

「明け方の湾岸線 そして関空」

 阪神高速1号環状線での‘ミッドナイトドライブ’を楽しんだ後、車を4号湾岸線へ向けた。目的地は大阪・関西国際空港。
 ここの24時間ラウンジでシャワーを浴びて一睡しようと計画をしたのです。
 阪神高速13号東大阪線から16号大阪港線へ。弁天町の超高層ビル群が見えて来る。今回、ここの大阪ベイタワーホテルに宿泊しようかと考えたのだがネットで空室状況を調べると見事に満室。他の目ぼしいホテルも軒並み満室。
 大阪のホテル稼働率は日本一の高率だそうですが、それが頷けるホテルの高稼働です。
 
 気がつくと空が明るくなり始めている。時計を見ると午前4時20分。
 夜が明け始めてきた。夜が明ける中をドライブするのは久しぶりの事だ。

11698.jpg
 
 天保山JCTの複雑な構造の中を通り抜けて4号湾岸線へ。
 行き交う車は高速バスやトラックばかり。
 ちょっと走ると真っ赤な巨大な橋が視線の先に見えてきた。港大橋だ。

 東京がレインボーブリッジなら、大阪は『港大橋』が代表的な橋になるだろうか。
 港大橋を渡りながら左後方を振り返ると大阪市内の超高層ビル群が見える。
 右を見れば南港のWTCを中心としたビル群。

 『水都・大阪』は水の上の橋からの眺めも素晴らしいものがあります。

 ラジオのスイッチを入れてオートセレクションにするとカーラジオからは笑福亭仁鶴師匠の声が聞えてきた。
 仁鶴師匠の大阪らしいお喋りを聞きながら車を進める。極めて快調。

 前方に一際高いビルが見えてきた。りんくうゲートタワーである。
 左にりんくうタウンを見ながら車は長い長い連絡橋へ。 


連絡橋から見える大阪・関西国際空港は殆んどのボーディングブリッジに各国の旅客機が横付けされ海外へ国内各地へ向かうお客さんを迎える時に備えて一時の眠りについている。
 関空内をグルッと一周して駐車場入口を目指すとバス専用の駐車場には青色の関西国際空港交通のリムジンバスが多数、同じように眠りについている。
 立体駐車場P1に車を入れる。旅客ターミナルビルへの連絡路がある3Fでも空きがあり、そこへ止める。
 
 まだ早い時間であり、人の動きがまだ無い。国内線のカウンターは閉じたままだ。

 関空ラウンジはオープン席に数人、ブース席には2〜3人ほど先客が居る様子だ。ネットが出来るブース席をチョイスしシャワーの利用を予約し雑誌・新聞カウンターから関東では無い産経の夕刊を持ってブース席に入る。
 着替えを持ってシャワー室へ。さっぱりしてサービスの烏龍茶をグラスに注いで席に戻る。
 新聞を開くと橋下大阪府知事による大阪の改革のプランが一面に載っている。随分と思い切ったプランが並んでいる。烏龍茶で喉を潤しながら新聞を読んでいると睡魔が襲ってくる。毛布の代わりに持参のコートをかけて寝る。

 ・・・・携帯が震えている。アラームが作動している。8時だ。
 トイレに行って用を足し髭をあたり顔を洗い身支度を整える。
 ラウンジの外から空港が目覚めた様子が伝わってくる。

 料金を支払いラウンジの外に出るとほんの三時間前とは打って変わった目覚めた空港の姿があった。駐車場の連絡口からは人が次から次へ来る。
 JRと南海の駅からも人が続々と来る。
 国内線カウンターには人が列を作る。飛行機の出発最終案内の放送が繰り返し流れる。
 
 車に乗り込み駐車場から出して空港内を一周して様子を見ると1Fのリムジンバスとタクシーの乗り場からは続々と出発していく。
 車を4Fの到着場に向ければ、これも次から次へリムジンバスとタクシーが到着している。
  
 長い長い連絡橋を渡って対岸のりんくうタウンを目指す。
 空港へ向かう方は、バス・タクシー・マイカー・トラックが多数走って行く。

 私はりんくうタウンを一周してから大阪市内を目指す事にする。

※編注:写真は編集時点で挿入しているもので、できるだけ文に関連する写真にしているが、文章と完全に一致するものではありません。


posted by 松村和弘 at 12:27| Comment(0) | 上阪感想記:11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。