2010年04月25日

08年 桜の残り香を追いかけて【築港】

「築港 そして大阪ドーム。四ツ橋筋に入って」

20090k.jpg

 南港を一周して次に目指すは築港、海遊館がある場所である。
 大阪港咲洲トンネルを渡る事にする。トンネルに入ろうとしたら通行料が200円掛かるのには正直驚きましたが・・・。
 トンネルを渡り終えて再び地上に出て築港信号を左折して行く。
 時刻は10時30分。まだ観光客が大挙して押し寄せる時間ではないので歩いている人はそれほど多くはないように思う。
 海遊館やマーケットプレイスがあるのは知ってはいたが、普通の街と共存しているとは知らなかった。民家がある隣に大型の施設があるのが私の目には新鮮に映る。洒落た個人経営の店も多数あり、こういう場所は歩いても楽しいんだよな、と思いつつハンドルを握り車を進める。
 
 中央大通りに戻り、天保山JCTの複雑な構造を見上げつつ車を進める。
 
 朝潮橋信号から、みなと通に入る。
 阪高とJRの高架の下を潜り抜けて境川信号を目指すと特徴ある大きな屋根が見えてきた。京セラドーム大阪である。信号を右折すると通り沿いが建設中であり何か施設が出来るのであろう。大阪ドーム南信号で信号待ちをしていると右側にJRの大阪環状線の特徴ある緑色の鉄橋が見える。

 大阪ドーム周辺をグルッと一周してみる。
 木津川沿いは綺麗に整備されて桜が咲き誇っている。既に盛りは過ぎてはいるようだが、まだ綺麗に咲いている。
 間に合って良かった。大阪の桜を見たかったのだ。間に合って良かった。

 千日前通に出る。阪神なんば線の工事箇所を右に見て進む。
 南海汐見橋線の汐見橋駅の前を過ぎて行く。
 難波から一駅、大阪ドームとの間にあるのに寂れた感じがするのはどうしたことか。この周辺にも超高層マンションが林立してもおかしくはないと思うのだが。
 
 左に特徴ある、なんばHatchが。右を見ればOCAT隣の建設中のマルイト難波ビルが随分と高くなっているのが分かる。一階あたりのフロア面積が広い非常に使い易そうな大型ビルである。完成が待ち遠しい。

 四ツ橋筋に入ると人通りも車の数も更に増えてくる。
 時計を見ると11時20分。朝御飯を食べずに此処まで来たのでさすがに腹が減ってきた。ここら辺でブランチとしよう。

 ・・・中略・・・

 美味しい食事をしてコンビニで大阪日日新聞と産経新聞、お茶を購入して車を発進させる。
 信濃橋信号で信号待ちとなる。右斜め先に見える駐車場は、オリックスが初めての自社建設の本社ビルを建設する場所だ。
 ここに本社を建設するオリックスは大したものだと思う。
 交通の便は今も良く、将来は更に良くなる。地価も利便性を考えれば割安であろう。こういう会社が伸びるのである。

 そして次は、いよいよ新御堂筋へ。これが凄かった。ビックリしました。

※編注:大阪の臨海部の多くは埋め立て造成された歴史がある。代表的なのが築港である。明治期から大大阪建設を目指して大阪港として造成された地区である。住所表記は「築港」、地下鉄の駅名は「大阪港駅」と大阪市は定めた。
じっさいには水路を挟んだ人工島で、北側は天保山(てんぽうざん)である。北岸の岸壁は古くから瀬戸内海航路の客船ターミナルであり、天保山桟橋、天保山埠頭と呼ばれ、私もよく利用した。近年になって、そこに観光集客施設が造られた。目玉は水族館の海遊館であり、施設全体は天保山ハーバービレッジと名付けられた。


posted by 松村和弘 at 11:56| Comment(0) | 上阪感想記:11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。