2010年04月26日

東京集中が日本を滅ぼす

「東京集中が日本を滅ぼす」は大阪都構想への道のりのカテゴリーですが、今回省略しています。
このタイトルの本の著者は八幡和郎、昭和62年9月10日初版発行、講談社
006.JPG



蔵書のなかにこんな本もあったのですね。
ちょくちょくテレビでも拝見した人で、大津市出身、官僚であるが1997年退官。
初めて観たのは読売テレビで「パラダイム88」(上田篤・井上章一氏ら6人による座談会、録画VTRあり)。首都機能移転論議が盛り上がりを見せていた頃、読売テレビ本社で収録制作された。進行・台本が見え隠れしているが、稀にみる面白い番組といえた。

八幡氏は官僚の立場から、他の人の発言に回答するような立場でしょうか。出演者のひとりで「過疎を逆手に取る会」という地方の役場勤務らしき人が、地方は「オンリーワンを持つ必要がある」「それが食えることにつながる」の発言、だけど、
「大阪は新空港造れ、学研都市造れ」など、「東京の二番煎じばっかし」・・・
でも、造ったものは、「東京のより劣ってる」「劣ったものしか与えられてない」。
八幡:「違う、違う!」・・・
「総合大学の強みって、あるんですね!」「東京大学も京都大学も総合大学で、文学部も経済学部もいりませんって、普通考えないです」
「だから、すべて一通りのものが揃った都市が、東京以外にもある方が・・」
「日本に二つくらいはあるのがいい」

井上:「関西は没落する運命な気がする」「歴史的必然と思える」
「むしろ、躍進するGNP大国日本にあって、ひとり営々と没落の道を歩むのは、尊いことに思えます」
井上:「日本もさぼり病が蔓延する時代になったときに」
「他の地方に正しい没落のあり方を示す」「リーディングエリアになる可能性がある」
テレビの実況はこのへんにしますが。

この関西没落論は、後に「関西人の正体」という本で収録発表されている。
「関西人の正体」は私も買った。関空開港直後、関空見物で空港内の書店で発見して購入した。かなり大衆向きの本になっています。
この井上氏の本はいわば京都視点なんですね。大阪だと「没落がエエ!没落がエエ!」とは言ってられないですからね。
それ以後、私は大阪論、関西論の本はほとんど買わなくなった。買うに値する本が出ないのが理由といえば理由。

あ、そう。今回のタイトルの「東京集中が日本を滅ぼす」・・・
私もほとんど同感ですが「東京主義が日本を滅ぼす」としたいです。
これは次回にでも、私自身の思想を入れて書いてみたい。



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 12:28| Comment(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。