2010年04月27日

08年 桜の残り香を追いかけて【飛翔の象徴】

「中之島 更なる飛翔の時をひかえし大阪の象徴」

 順番がずれましたが四ツ橋筋から新御堂筋へ行く時に中之島を周りました。
 四ツ橋筋・渡部橋南詰信号を左折する。
 中之島三丁目のダイビルが随分と高くなっているのに驚いた。
 あと二週間もしたら三井ビルを超えそうな勢いだ。
 右斜め前のABC朝日放送の新本社などが核となる「ほたるまち」が見える。工事は殆んど終ったように見える。大阪の新名所となり得る街だけに将来が楽しみだ。
 
 玉江橋南詰信号を超える。交差点の角のマンションに工事用の足場が組まれているが補修工事か、それとも解体工事の準備か。隣の扇町高校は確か移転となっていたはず。この一体を更地にしたら、かなり広い建設用地が確保出来る。
 隣のリーガロイヤルホテルとバランスの取れた開発を期待したいものです。

 そのリーガロイヤルホテル、タクシーや送迎バスが出入りを繰り返しているようで常に車の動きがある。ここにも大阪経済の好調さが出ている。

 中之島の先端まで行って引き返して行く。
 そして四ツ橋筋に戻る。

 何時きても良いな、中之島は。
 ここは大阪にしかない。大阪が誇る場所。ここが日本の都市観光のメッカになる日は遠くはないのでは。

osaka1 051.JPG
------------------------------------------------------------

osaka1 043.JPG
最終回
「やっぱり大阪は素晴らしい」

 大阪、私はこの言葉を聞くと堪らない思いに駆られる。
 古都であり、超近代的な都市であり、文化的な都市でもあり、努力の街でもあり、世界に誇れる大都市でもあって、古都でありながら将来が楽しみという稀有な都である。
 様々な顔を見せる都市それが大阪であり、そういう大阪が私は心底好きなのだと今回の駆け足で巡った大阪ドライブでも実感した。

 しかし、また人間は完璧ではない。神様ではないのだから。
 多くの人間の集合体である大阪にも問題がないわけではない。
 今回のドライブで、それを感じる場面があった事は否定しない。

 それでも私の大阪に対する気持ちには些かの揺らぎも生じなかった。
 今ある問題を解決出来るだけの、問題を遥かに上回る解決出来る力が大阪にはある事も確認が出来たから。大阪の明るい将来を確信出来たから。

 大阪、それは明るい将来が約束された街。それは人の一生を捧げて何らの悔いが残らぬ捧げる価値がある街。



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 10:09| Comment(0) | 上阪感想記12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。