2010年04月30日

造幣局「桜の通り抜け」2010再録版

 大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」が14日、大阪市北区の造幣局で始まった。少し冷え込んだものの、午前10時の開門前には約1500人が行列をつくり、開門とともに桜のトンネルをくぐっていった。

016.JPG

久し振りの更新になります。
大阪の桜は終ったのですが?
リード記事の通り、造幣局の通り抜けが始まりました。(行かずの記事)

ま、毎年の恒例行事で、大阪・近畿のマスコミは必ず取上げます。
今年は4月14日〜4月20日までだそうです。

大阪には造幣局ってあるんだね!
「ふ〜ん、そうなん」っで、おわってしまいそうですが・・・。

私はこの「造幣局」って聞くと、昔、本屋で立ち読みしたある本を思い出します。
その本のタイトルはいまだに忘れていません。

まだ、あんまり大阪のことも詳しくなかったから、私にとってはインパクトのあるタイトルだったのですね。
そのタイトルは、「大阪が首都でありえた日」だったと思います。
いつごろだか、記憶もおぼろげですが、おそらく20数年前だったはずです。

いまでも、このタイトルで検索したら、アマゾンとか、楽天の通販で買えると思いますよ。
そのとき、書店で立ち読みしました。
内容は、なぜ、大阪に造幣局があるのか?の説明とか、幕末維新の歴史にまつわることだと思います。



造幣局が大阪にある理由は、まさしく首都を江戸にするか、大阪にするか?
大久保利通の推す、大阪が最有力だったのですが、前島密の江戸案に、どんでん返しで大阪は敗れたのですね。

京都から都を移そうと、そこまでは決まっていた。遷都候補地は大阪か江戸か、となっていたのです。
造幣局が設立されたのは、まだ江戸遷都が決まってない時期で、ほぼ大阪と見越した上で、造られたので、大阪に置かれた唯一の国家機関の本部なんですね。
だからこの本のタイトルも、けっして誇大妄想ではないわけです。

正直、あまり調べても、詳しいことが分からないのが、造幣局ですね。
設立の経緯など、詳しく調べられると困る。いわば国家機密になるのかもしれません。

桜の通り抜けは、これから行って見たいと思っています。
ここの桜は八重桜ですから、ソメイヨシノより時期は遅いのです。大阪の桜は二度楽しめるのですね。



「都市の景観と躍動」トップに戻る
【関連する記事】
posted by 松村和弘 at 14:50| Comment(0) | 桜之宮・天満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。