2010年05月04日

08年雨に煙る大阪もまた良し【企業をよくするとは】

「企業を良くするとは、社会を良くするとは」 その4
 
 私は、この空港で正々堂々とクレームをつけたおじさんや家電メーカーにクレームをつけた社長さんを見るにつけ、こう思うのです。

『大阪には物事をトコトン突き詰める土壌があるのではないか。
 大阪には正しい事をトコトン追及する土壌があるのではないか。』

 そして、その大阪の精神というのは実は今の日本に一番欠けているのではないかとも思うのです。

 誰しもクレームを付けられる事はい嫌です。
 嫌であるが故にどうしても「うるさい客だ」とか「あの人はクレーマーだから」と、相手を悪者にしてしまう。
 また「大人げない」とか「うるさい」とかで片付けようとしてしまう。

 でも、それで良いかと思う。
 勿論、意味不明などう考えても理不尽な言いがかりとしか思えないクレームは問題外だが、クレームの中身によっては非常に有益なものがあろうかと思うのです。

 どうしても東京的発想だと「何事も我慢。見ざる・言わざる・聞かざる」となりがち。そして、そういう東京的発想がこの国を覆っていると言わざるをえない。その東京的発想が、この国をおかしくしたと思えてならないのです。

 今、求められるのは大阪的発想、「おかしいものは看過しない。言うべきは言う。正すべきは正す」というではないでしょうか。

 大阪には今後の日本に役立つ価値観があると私は思います。

-------------------------------------------------------------

寺内町を歩いていて思った事で書き忘れていたのが車の事。

確かに交通量は多いように感じました。
駅から見て縦の道路ではなく、横の道路、それも二本ほどですが車の通行が多かったようです。
それがありますので「電柱撤去・電線の地中化」は必須だと思います。

また出来れば地元の方々の車だけの通行を認める事が出来ればベストだと思います。
地元の方々だけに交付するステッカーを貼った車だけ寺内町の通行を認めるようにしてはどうでしょうか。
それでは日常の経済活動に影響が大きいというのであれば、観光客が来るであろう土日だけ交通規制をかけても良いのでは。
私の地元にはJRAの中山競馬場があるのですが、競馬開催日の土日は狭い道路などには交通規制をかけています。

駅については、橋上駅舎として線路で分断された地域を結ぶ自由通路などが出来ると良いのでは。
またコンビニが欲しいなと、と思った事も事実です。
雨が降ってきそうなので「傘が欲しいなぁ」と思ったのですが、コンビニが無くて購入出来ませんでしたので。
もし駅舎に併設するのなら「アンスリー」ブランドに来てもらうのも良いかと思います。


posted by 松村和弘 at 17:36| Comment(0) | 上阪感想記13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。