2010年05月22日

威風堂々を聞きながら大阪を走る【本編その一】

威風堂々を聞きながら、威風堂々たる大阪を走る(よっさん)

本編 その一
〜いざ出発そして名古屋まで〜

 車中で聞いた曲 ペットショップボーイズ 「Go West」

 東京 首都高速七号小松川線線錦糸町入口。時間は10時45分。
 ここから遥かなる大阪までの道程へ第一歩を踏み出した。

 途中、首都高速は相変わらずの大渋滞。夜間であれば15分もかからずに首都高速三号渋谷線用賀出口、つまり東名高速に入口まで行けるのに、今回は一時間かかった。まぁ、これはいつもの事。
 この国の道路行政がいかにお粗末であるかという象徴的な渋滞にウンザリしながらハンドルを握る。
 車内に響く曲はペットショップボーイズの「Go West」。

 そう、私はWest、西を目指すのだ。遥かなる大阪を目指すのだ。

 いささか古い曲だが、今聞いても、その曲の新鮮さは少しも失われてはいない。「古くても新しくても良い物は良い」という見本のような曲である。

 東名に入りしばらくは渋滞も無く順調そのもの。
 久しぶりに走る東名高速だが、前と変わらず交通量は多い。
 
 単調な走りが続き、何も事件は起らないと思っていると事件は起きた。
後から白いトヨタのミニバンが猛スピードで追い越し車線をすっ飛ばして行くと、ちょっと間を置いてサイレンの音が聞えたかなと思うとパトカーが赤色灯を回しながら、これまたすっ飛ばして行く。
「あぁ、あのトヨタのミニバンをスピード違反で捕まえる気だな」と直感すると案の序、ちょっと先で見事にトヨタのミニバンはパトカーに停車させられていた。

        ‘‘事件は現場で起きたのである。’’

 ドライバーの皆さん、特に高速道路などスピードが出やすい道路を走る時はキチンと後方も確認しながら運転しましょう。
 取り締まりの現場を見ていると、ネズミ捕りは別にしてスピード違反の摘発の場合は、警官が目をつけた車の後ろにピッタリと付き、赤色灯を回して追尾し、一定の時間が経っても後のパトカーや白バイの追尾に気がつかずに減速しない場合に初めてサイレンを鳴らして強制的に停車させて切符を切るようです。こまめな後方確認が摘発から逃れる一つの方法です。

 もっとも一番良いのが『スピードを出し過ぎない事です』
 交通安全を皆で守りましょう。事故は皆の迷惑です。
 その事を私は帰りに‘‘もういや!!!’’というほどに体験させられる事になるのです。

 その後も順調に走っていくが、東名高速の名景勝地の一つ・由比で大渋滞に巻き込まれる。トンネル内での作業の為に片側一車線に規制されており、当然の事ながら長い車の行列が出来る。
 
 この渋滞を約20分ぐらいで抜けると、再び快調な走りに戻る。

 静岡のお茶畑や、点在する工場などを左右に見つつ車は浜名湖の美しい景観を見ながら進んでいく。
 途中SAで蕎麦を啜り、トイレ休憩を何度かしながら車は、名古屋から名神へ入って行く。

 極めて快適なドライブである。

------------------------------------------------------------

本編 その二
〜大阪の存在が判りにくい〜

 東名を走っていて気がついた事があります。
 それは、この道路を走って行き名神へ入ると大阪へ行けるのですが、その『大阪』の案内が案内板には出てこない。
 出てくるのは「京都」の文字。京都まで174キロメートルとか出てくる。
 名古屋で東名阪自動車へも行けるのですが、そちらには『大阪』という案内が出てくるのに、です。

 では大阪の案内が出てくるのは、何処からか。
 私が気がついたのは名神高速で栗東・草津と過ぎて瀬田東の辺りでした。

 そして、これはMatsumuraさんが既に書かれていますが、更に大阪の一番大事な場所『大阪市』の案内が出てきたのは、名神高速の豊中インターチェンジの直前、しかも字が小さい。これは実際に目にすると衝撃でした。

1212413202_1.jpg

 ちなみに名神高速から大阪市内へ入るには、吹田ジャンクションから近畿自動車道へ、東大阪ジャンクションで阪神高速13号線東大阪線へ入ると行けるのですが、私が見た限りでは吹田インターチェンジでは『大阪市内』という案内は無かったように思います(暗くて見落とした可能性はありますが)。

 Matsumuraさんが何度も書かれていますが、実際に実態を目にすると、やはり大阪への嫌がらせがあるのかと思います。
 何しろ東京圏の高速は、いやというほど「東京」という案内を目にしますから、その差は大きい。
 一方の大阪は、最大の目的地であり需要がある大阪が全面に出てこないのは異常とさえ思えます。

 今回、実際に大阪の道路を実際に走ってみて、改めてMatsumuraさんが書かれていた事が実感としてわかりました。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 13:28| Comment(0) | 上阪感想記16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。