2010年05月24日

威風堂々を聞きながら大阪を走る【エピローグ】

エピローグ
〜瞳よ あれが大阪の灯だ〜

 堂島入口から環状線へ入ってグルッと四分の三ほど走って阪神高速13号東大阪線へ入る。
 帰りは東大阪ジャンクションから近畿自動車へ、そして吹田ジャンクションで名神高速へ。

 阪神高速13号東大阪線を走る。直ぐに特徴的な段々の形になっている中央大通FNビルが見えてくる。このビル、夜はライトアップしているのですね。
 なかなかに綺麗なビルでした。

 そしてNHK大阪放送局・大阪歴史博物館が見えてきた。
 と、いう事は大阪城とOBPが見えてくるはずだ。注意しているとライトアップされた大阪城天守閣が。そして背後に窓から明かりがこぼれているOBPが。
 「やったー!!!」と喜びも束の間、直ぐに防音壁に遮られてしまった。
 「あちゃー、残念」と落胆するが、これも大都市の宿命か。
 途中で防音壁が途切れ途切れになっている場所があり、そこからのOBPの眺めを目に焼き付ける。

 それも遠ざかり、淡々と真っ直ぐな東大阪線を走ると東大阪ジャンクションへ出る。そこから近畿自動車へ入る。

 近畿自動車道に入って走り続け、ふと横を見ると延々と続くビルに輝く赤い衝突防止灯の煌きが。

 大阪市内のビル群の灯りである。大都市・大阪を証明する灯りでもある。

 その灯りを見ながら私はつぶやいた、「瞳よ あれが大阪の灯だ」と。


 これで終わりです。次は明日にでも大阪の道路について私なりに思った事を書きたいと思います。

◇阪神高速・1号環状線夜間走行(2倍速)梅田ランプ→環状線南行→道頓堀→湊町→環状線北行→中之島→環状線北部→船場西JCT→池田線下り


※環状線夜間走行動画は二つ目ですが、ルートのちがいもあってこれもご覧ください。



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 09:41| Comment(0) | 上阪感想記16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。