2010年06月21日

07年冬クリスマス・幸せな灯りが灯る大阪へ【彩都リベンジ】

リベンジ成る、彩都を訪ねる事が出来ました。
〜大阪モノレールの全線乗り潰しも出来ました@〜

 24日(月)、予定では午前中に大阪を離れるはずだったのが、その必要がなくなり「さぁて、どうするか」と考えた時に頭に浮かんだのが、7月に大阪へ来た時に見学しようとしたが台風による風雨があまりにも強く断念した彩都の事。
 街歩きの時に邪魔になるキャリーバックを大阪国際空港へ預けて、その足で向かえば無理なく効率的に彩都へ行けるだろう。
 よしっ、決めたとホテルを飛び出す。

 谷町四丁目駅から地下鉄・谷町線に乗り、向かうは阿部野橋。
 ここから10時30分発の大阪国際空港行きのリムジンバスに乗車。
 堂島川の上の阪神高速1号環状線の高架橋から見える絶景な大阪・中之島の眺めを楽しむ。定刻通りに大阪国際空港へ到着。

 空港内のコインロッカーにキャリーバックを預けて、さぁ彩都へ向かおう。
 南ターミナルから大阪モノレール・大阪空港駅までは、結構な距離を歩く事になるのだが、健常者ならともかく、障害がある人にはキツイだろうと思う。
 動く歩道の整備を求めたいと思う。

 モノレールに乗車すると席は、八割方埋まっていた。
 出発して大きくカーブして最初の駅が蛍池。ここを出て、さらに右側に大きくカーブすると中国自動車道と中央環状線の上に出る。
 モノレールの上から見ると、中国道は片側二車線・中央環状線は片側三車線である事がわかる。両方とも車の通行料が多い事がわかる。
 
 途中から進行方向右側に超高層ビルが連なっているのが見えてきた。
 これだけ超高層ビルが連なっている光景が見えるのは大阪と東京だけだ。
 
 柴原駅、少路駅と過ぎると千里中駅である。
 この駅の少し手前で、中国道・中央環状線と新御堂筋が交差する上を通る。
 初めて、この交差を見ると大規模なジャンクションであるが中国道とは直接的に接続していない事がわかった。
 出来れば中国道と新御堂筋と直接繋げたいものだが、今となっては建設用地の確保さえ困難かと思う。道路計画は最初が肝心という見本と言えようか。

1191938011_2.jpg
 
 千里中央駅へ進入する前に左に視線を移せば、千里の連なる建物が見える。
 ここまで来るまで右の車窓、左の車窓に見え続けたのが途切れない緑と建物。大阪市内も建物が切れ間無く続いているが大阪市の郊外でも、同じように建物が続いている事は、大阪市の求心力が高い事の証左ではないだろうか。

 山田駅を過ぎて、次は万博記念公園駅である。
 ここで大阪モノレール彩都線へ乗り換える。彩都線の次の電車は約10分後に出るとの事で、一旦駅の外に出る。
 本来であればエキスポランドへ向かう楽しそうな家族連れで賑わうのだろうが、シーンと駅前は静まり返っている。
 それもそのはずエキスポランドが今年五月の事故の影響から抜け出せず、休園しているのだから。
 人気のしない遊園地ほど寂寥感を誘うものあるまい。
 何とか現経営陣を一新して体制を立て直して営業を再開してほしいと思う。
 やはり子供達が楽しめる遊園地は必要だし、遊園地で遊んだ子供の頃の記憶は大事なものだと思うのだ。

 駅に戻って、彩都西行きのモノレールに乗る。ほどなく出発する。

-------------------------------------------------------------

リベンジ成る、彩都を訪ねる事が出来ました。
〜大阪モノレールの全線乗り潰しも出来ましたA〜

 万博公園駅を出発した彩都西行きのモノレールからは左側に「太陽の塔」が見えてきた。

 1970年(昭和45年)「人類の進歩と調和」の理念を掲げ、ここ千里丘で開催された大阪万博。

 万博史上、最高の入場者数を誇った大阪万博。
 万博史上、もっとも崇高な理念を掲げた大阪万博。

 今こそ「人類の進歩と調和」が必要なのではないかと思う。
 人類は「進歩」する事で、あらゆる貧困から多くの国が多くの人が抜け出す必要があるでは。
 人類は「調和」する事で、環境と経済の両立を図る必要があるのでは。

 今から38年前、イケイケドンドンの経済的活況を享受していた日本で、「人類の進歩と調和」という理念を、21世紀に求められる理念を掲げる事が出来たのは驚きだし、その理念は、また大阪だからこそ出来たのではと思うのだ。
 
 古来より栄えて海外と繋がっていた大阪だからこそ、視野が広くなったのではないか。
 古来より海外からの万物を受け入れてきた大阪だからこそ、より良いものを自らに合わせる為の創意工夫・調和が発展したのではないか。
 そして、その調和が進歩に繋がったのではないだろうか。

 ・・・この太陽の塔を見ていると、そんな気持ちになる。

 そして、もう一つ感慨が浮かぶ。
 それは大阪万博を私の父は見ているのだ。
 私が生まれる三年前。私の父は確かに、ここに来ている。
 今は落ち着いた広大な公園となっている、この場所にかつて最大で一日に約83万人もの人が来ていた。
 開催期間中に大阪万博に来た人、約6,300万人。
 その中の一人は間違いなく私の父である。
 そこに不思議な因縁、不思議な時の流れを感じる。
 あと何十年間経ったら私の子供が、この場所に来るのだろうか。
 同じような光景を見るのだろうか。
 いや見にきてほしい。絶対に。その時にも大阪は必ず快く迎えてくれるだろうから。その時にも大阪は必ず大都会として君臨し続けているだろうから。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 21:56| Comment(0) | 上阪感想記17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。