2010年06月23日

07年冬クリスマス・幸せな灯りが灯る大阪へ 【彩都〜門真】

リベンジ成る、彩都を訪ねる事が出来ました。
〜大阪モノレールの全線乗り潰しも出来ましたB〜

cimg4890.jpg

 万博記念公園駅を出たモノレールは、大きく左にカーブしながら進む。
 阪大病院前駅に停車。次の豊川駅へ。
 豊川駅を出ると直ぐに、下に国道171号線が。
 随分と交通量があるので後で調べてみると、この国道171号線は東は名神の茨木ICと、西は中国自動車と接続している事がわかった。
 なるほど、それならば交通量の多さも頷ける。

 豊川駅を過ぎて、しばらくすると急激に車窓から見える建物の数が減ってくる。
 彩都西駅へ到着する寸前、彩都のマンションや戸建の住宅が見えてきた。
 緑に囲まれた開発の用地は沢山用意されているが、その多くはまだ建物が建っておらず、これからの開発へ期待する、というところだろうか。

 彩都西駅に到着。
 改札を出ると駅前はこじんまりとした造り。スーパーや飲食店、銀行など数店ほどある。その中の一店で昼食を取り引き返す。

 万博公園駅まで戻り、そこから再び乗り換えて終点の門真を目指す。

------------------------------------------------------------

リベンジ成る、彩都を訪ねる事が出来ました。
〜大阪モノレールの全線乗り潰しも出来ましたC〜

 万博記念公園駅へ戻り、門真行きのモノレールへ乗り換え。
 万博記念公園駅を出て直ぐに、大規模な吹田Jctの上を通過。
 
 次の宇野辺駅に停車。出発すると直ぐにJR東海道線と交差する。
 ほんの200メートル位しか離れていないのに何故、乗換え駅を設けないのだろうか。次の南茨木駅で阪急と乗換えが出来るのに何とも理解に苦しむ事です。

 沢良宜駅、摂津駅と停車。
 摂津駅を発車して間もなく、新幹線鳥飼基地を左に見ながら通過。
 多数の新幹線が束の間の休息を取っている姿は、微笑ましくもあり壮観でもあり大阪モノレールの車窓の名物ではなかろうか。
 名物になると言えば、右に見える大阪市内の連なる超高層ビルも壮観な眺めであった。
 
 南攝津駅を過ぎ、次は大日駅。
 駅前では大規模なマンションの建設が行なわれていた。
 ここなら地下鉄・谷町線で大阪市内へ一本だし、空港へはモノレールで一本だし交通至便の大変に人気がでそうなマンションである。
 
 次は、いよいよ終点・門真駅である。
 門真駅到着直前、左側に松下の工場や本社が見える。
 世界の松下の本拠地であるだけに多数の建物があった。

 ここで京阪に乗り換えて中之島を目指す。
 中之島を散策し、その次はなにわ筋を歩いて福島を目指すつもりである。


 次は、上阪感想記・番外編として南港と彩都を見た私の率直な感想を書きたいと思います。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 20:38| Comment(0) | 上阪感想記17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。