2010年10月26日

大阪圏鉄道沿線別現況レポート:JR神戸線(4)

JR神戸線《六甲道〜灘》
住吉から一つ目で、快速停車駅の六甲道となる。住吉よりも以前からの快速停車駅だった。ここまでくると神戸に入った感を強くする。
立派なコンクリートスラブの高架線が続いており、高架2面4線の駅の周囲は高層建築が立ち並ぶ。神戸東部では目立つ街になっている。
この駅は阪神大震災を抜きに語れない。阪神大震災で駅周辺の高架線は崩壊していた。駅のホームはガタガタに波打ち、高架のスラブは落橋していて、手の着けようもない状況だった。よく復旧したものだと思う。

008.JPG
下りホームから三ノ宮方面

009.JPG
駅南側、ウェルブ六甲道2番街

010.JPG

012.JPG
駅北側

震災前から何度かきたこともあったが、もう震災前の街並みなども思い出せない。おそらく、今見る駅の周囲は震災後の再開発で整備されたのだろう。住吉駅が東灘区の中心であるのに対し、六甲道駅は灘区の中心といえそうだ。
駅南側にはウェルブ六甲道「1番街」と「2番街」の二つの高層建築がそびえ立っている。先に西側の1番街が建てられた。阪神高速神戸線を大阪方面に走ると、摩耶付近からよく見える。塔屋がオーバーハングした特徴的な外観なので、すぐにそれと分かる。

049.JPG
北側から高架駅とウェルブ六甲道を望む

JR線と国道2号線とは100m程度といったところ。震災後はこのあたりで集中的に再開発工事が進んだ。いくつもの高層マンションが再開発で建てられ、きれいな街区になっている。震災によってチマチマした街はなくなり、高層ビル群を持つ街並みに変貌したようだ。

阪急六甲駅も近いが、山に上がる道路は六甲ケーブル下駅や表六甲ドライブウェイへも続いており、中腹には神戸大学・鶴甲団地といった住宅団地もひかえている。
海側に下ると阪神の新在家駅、国道43号が走っている。
【六甲道駅】
大阪から:25.9km
乗車人員:25,366人/日
駅ランク:4

ここまでくると、もう三ノ宮も近いが、JR西から駅新設のニュースリリースがあり、六甲道−灘間に新駅を計画しているとあった。駅名は「まや」(仮称)と平仮名書きにしていたが、摩耶が普通と思えるが、どうだろう。
新設予定の駅は東灘信号場付近に計画され、JRの敷地などを利用したJR自体が計画したようだ。

次の駅は灘駅である。六甲道から西へ、国道2号を走ると、国道は大きく海側に左カーブとなって、国道43号と合流するのだが、その左カーブに信号があり、直線的に進むとJR線を越える跨線橋がある。山手幹線と国道2号を結ぶ道路になっているのだが、そのすこし西にある駅が灘駅で、灘はすこしややこしい。山手幹線は阪急神戸線と交差し王子公園駅がある。

052.JPG
改修工事中の灘駅北口

051.JPG
ホーム上屋はレール使用の古い様式。見えにくいがすこし低い位置になっている。

海側の阪神岩屋駅は地図で見ても非常に近い。さらに海側には国道の海寄りに「HAT神戸」なる新しい街が広がっている。このあたりは「HAT神戸」の東寄りになるが、岩屋のちょうど南の摩耶海岸通に、安藤忠雄の建築で有名な兵庫県立美術館がある。

そのすこし西には、「人と防災未来センター」など震災復興による施設が並んでいる。高層住宅以外はこうした公共施設が占めており、ある意味壮観な施設群といえる。
「HAT神戸」は神戸港寄りから整備され、浜手バイパスに沿って高層住宅棟がひしめき、阪神高速神戸線の摩耶−生田川間では壮観な眺めが望める。

現在は東端の摩耶付近まで整備はほぼ終了した。きれいに整備された震災復興事業であるが、その効果のほどは?
賑わいはどうかというと、賑わっていないし、賑わうはずもない。なんせ住宅街なのだから、賑わう必要もないといえるのだが、「東部副都心」というはったりの名称を見ると、住宅街で「副都心はないだろ」という気になってくる。

そもそも、震災後しばらくしたら、やたら「HAT神戸」の名前を見るようになった。意味も知らないのに「HAT神戸」の高層住宅の工事を三つほどこなした。その中には安藤忠雄設計の神戸市営住宅も含まれていた。新しいのは摩耶シーサイドプレース○番街という仮称だった。
このきれいな街区の中に、降ってわいたように派手なヤマダ電機(テックランド)神戸本店があった。住民を相手の店舗だから仕方ないが、景観破壊になっている。
HATの意味は調べてはじめてわかったのだが、「ハッピー・アクティブ・タウン」の意味らしい。調べないと永遠に知ることもなかった。

大阪からはじまったようなアルファベット略号だけど、OBP・OAP・ORCあたりまでにしとかないと、やりすぎもどうかと思ったりする。
「HAT神戸」開発の初期に、浜手バイパスに平行していたJRの貨物線(神戸港線)は廃止されて、HAT神戸の高層住宅街に出やすくなった。
住吉から神戸市街に近付くにしたがって、高級住宅地の雰囲気から旧市街の猥雑感のある住宅地に変化していく。震災で破壊されて、すべてきれいになるかというと、そうでもないようだ。

神戸市の市域は海岸だけを見ても、長く広い。市街地は須磨で途切れるが、市の境界は甲南山手から舞子まで、なんとJRのキロ程で27.6kmに達する。
【灘駅】
大阪から:28.2km
乗車人員:22,047人/日
駅ランク:3





「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 13:28| Comment(0) | JR神戸線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。