2010年07月01日

07年冬クリスマス・幸せな灯りが灯る大阪へ【番外編】

番外編:
街づくりは難しい 街づくりのバランスは難しい
〜大阪市・南港と大阪府・彩都を見て〜

 ゴリモンさんとの忘年会参加者の有志で、なにわの海の時空館を見ての帰り、地下鉄・中央線のコスモスクエア駅まで歩いて行った。
 その道すがら皆で話していたのは「南港の空き地を有効活用するには、どうしたらよいのか」。
 我が県都・千葉市の幕張新都心や東京のお台場の広大な空き地に比べれば、はるかに空き地の面積は少ない。
 しかし、その空き地を埋める事はなかなかに難しいなぁ、というのも私の実感としてある。
 
 なにしろ大阪市内には、まだまだ便利で将来有望な土地がある。
 梅田北ヤード、中之島西部、各筋・大通り、工場が移転した跡地、更に開発しようと思えば大阪城の横にある森ノ宮のJR・市交通局の車両基地だって有望な再開発の候補地だ。
 これらに比べると南港は、残念ながら利便性などで劣ってしまう。

 大阪市外に目を向ければ彩都、りんくうタウン、泉北ニュータウン、再開発が始まった千里ニュータウン、学研都市と数多くの開発がある。
 
 そして更に難しいのは大阪市外のニュータウンの開発を進めようと交通網の整備を進めれば近畿圏の中心たる大阪の更なる中心地・大阪市への集中は捗らないだろうし、大阪市の開発を強引に進めればニュータウンの開発は進まないのでは、という事。

 一例を挙げるなら彩都。
 ここは現在、大阪市内へ直通する鉄道は一本も無い。
 彩都の開発を進める為に、阪急・千里線若しくは北大阪急行を延伸させたら彩都の開発は劇的に進むだろう。
 環境は良いし住居費も大阪市内よりも安く、それでいて大阪市内への移動が格段に便利になれば人気が出ないわけがない。
 逆に大阪市内へ直通する鉄道を整備しなければ、彩都の開発は思うように進まないように思える。
 
 何処の都市でもそうだが、市内と郊外が‘‘ウィンウィン’’の関係、つまり「両方とも勝者」とはなり難く、‘‘ゼロサム’’の関係、つまり「一方が勝者となる」事の方が多い。

 更に大阪の場合、問題が難しくなるのは過去を見てみると大阪市と大阪府の連携の拙さがあるように思える。
 具体例を挙げるのなら大阪府警の警察学校の移転先。
 交野市にあるのを泉佐野市のりんくうタウンへ移転させる事になっている。
 しかし、私はこの移転には強い違和感を感じる。
 交野市と言えば大阪府の北の方に位置する。
 それを大阪府と和歌山県の府県境に近い南の方に移転する理由がわからない。何故なら大阪市・南港に土地があるではないか。
 府警本部が所在するのは大阪市である。その府警に務める警察官を育てる学校も同じ市域にあった方が何かと便利でコストも少なくて済むのに・・・。
 
 ここに大阪市と大阪府との意思の疎通の無さを感じる。
 大阪府と大阪市とで、大阪の土地の有効活用や施設の最適な配置について、話し合われていないのではないか。
 大阪の開発について、どのように行なうか・何処を開発するか話し合われていないのではないか。
  
 幸いにも大阪市長が交代し、新しい大阪府知事が生まれる大阪府。
 今が大阪府市の連携を進める絶好のチャンスではないだろうか。
 街づくりは何も道路網・鉄道網の整備や土地の造成だけではない。
 開発した土地への需要を呼び込む、つまり企業誘致も街づくりの一環であろうかと思う。
 是非とも大阪百年の計を見据えた行政を御願いしたい。
 それは大阪の為のみならず、日本の為でもあるから。





「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 12:28| Comment(0) | 上阪感想記:番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

上阪感想記番外編・07年秋 母を連れて大阪へ

こんばんは。
すいません。旅行に行ってました。今、帰宅したところです。

 実は母を連れて大阪へ行ってました。
 事の始まりは、三連休の間の大阪旅行から帰宅し実家に土産物を届けて旅の話をしました。
 その中で、まだ上阪感想記には書いていませんが天王寺公園の大阪市立美術館で見た素晴らしい展示品の数々の話をしたのです。
 その時、話の途中で母が「いいわね〜」と呟いたのを私は聞き逃しませんでした。
 よくよく考えてみると、母と私は一緒に旅行に行った事が無い。
 そして母は大阪へは中学生の時に大阪・奈良・京都への修学旅行へ行ったきり50年もの間、大阪へは行っていないという。
 
 そういえば、ここ暫く親孝行らしい事もしていなかったなぁ。
 あと何年、母が健在で一緒に旅行に行けるだろうか。
 そんな心配をする年に、私も母もいつのまにかなってしまっていたなぁ。

 思わず感傷的になってしまった私は思い切って声を掛けた。
 「今、やっている特別展『上海 −近代の美術−』は10月14日まで行なっている。14日(日)は最終日で混むだろうし御堂筋パレードという大イベントが行なわれるらしいから落ち着いて見られるの13日の土曜日だと思う。
どうだろう、大阪へ行こうよ。こういう事は思い立ったが吉日と言うし。」

 と、言うわけで話はとんとん拍子に決まって飛行機のチケットを取って、大阪市立美術館以外に見る場所も決めて今日8時に羽田発のANA15便にて大阪へ、そして本当は一泊したかったが父が別件で一緒に大阪へいく事が出来ず、二日間も父一人にしておく事は出来ないので19時40分・関空発のANA148便にて帰京という、ちょっとした強行軍でした。

 非常に中身の濃い、旅行となりました。
 旅行中の事は、書く事は控えたいと思います。

 ただ母の言葉で印象に残った物を時系列順に箇条書きにします。


-------------------------------------------------------------

・飛行中の飛行機から見える大阪の街を見て
 「わあ〜、大阪は大きいわね。建物がいっぱいね。でも、これでは下に住んでいる人は騒音が大変ね。」

・大阪国際空港から天王寺へ向かうバスの車中にて
 母
 「こっちの住宅は隣との余裕が無いぐらいにギチギチに詰まっているわね」
 私
 「それは東京だって同じでしょ。東京の下町だって同じだよ。」
 母
 「あっ、そうか。そうだね」

・バスが中之島へ差し掛かり
 私
 「あれが中之島。あれが大阪市役所。」
 母
 「へぇ〜、モダンな市役所ね。それにしても綺麗な所ね。」

・大阪市立美術館を見学して
 母
 「すごいわね。こんなに素晴らしいとは。見応えあったわ。」
 私
 「そうでしょ。なのに大阪を紹介するガイドブックには通天閣や道頓堀ばっかり。何か変だよね。」
 母
 「そうね。こういうものを紹介した方がいいよね。」

・昼食をとりにいった大阪駅前のアクティ大阪27階の展望台にて
 「凄いビルね。大阪は都会ね。」

・思い切って御一人様5,000円也の和食のコース料理を食した後で
 「美味しかったわ。これで5,000円は安いわ。東京なら7〜8,000円は取られるね。」

・食後、梅田スカイビルの空中展望台にて
 「凄いビルを作ったのね。それにしても大阪の眺めは素晴らしいわ。」

・水上バス・アクアライナーに乗る為に行った大阪ビジネスパークにて
 「こんなに格好が良いビルの街があるのね。」

・南海 難波駅に向かうタクシーから御堂筋を見ながら運転手さんとの会話
 「大阪は綺麗ですね。何かこう東京と違って整備されているというか。センスが良いですね。」

・タクシーを降りて難波駅のホームへ向かう途中に
 母
 「大阪は綺麗だね。テレビで見る大阪はゴミゴミして下町っぽい所ばかりで綺麗な所がいっぱいあるなんて知らなかったわ。」
 私
 「そうでしょ。だからこの間見た、広末が大阪の女の子役で出ていたドラマは、おかしいんだよ。あんなドラマ、本当の大阪は映っていない。日本のテレビは大阪の綺麗な所を映さないだよね。本当におかしいよ。」
 母
 「本当に、そうね。何で映さないのかね。」

 帰宅後、買ってきた御土産を父と一緒に食べながら母は大阪をべた褒めでした。
「大阪は凄いわよ。センスが良いし、タクシーの運転手は親切だし、食べ物は安くて美味しいし。」
父:「街を歩いている人は、どんな感じだった。」
母:「そうね。そんなに変わらないかしら。あっ、でもテレビに出てくる派手な、オバサンはいなかったわよ。あんな人、何処にいるのかしら。」

 私は、隣で淡々と自分が知っている大阪の知識で大阪の紹介をしてたのですが、段々とメディアによる一種の大阪に対する偏向洗脳が解けていく感じがして、いかに今の大阪が正しく紹介されていないかが判ったような気がします


-----------------------------------------------------------

 私と母が昼食を認めたアクティ大阪27階にある日本料理のお店「多幸梅」(たこううめ、と読みます。実に美味しい料理でした)から梅田北ヤードが見下ろせました。

 新北ビルの建設現場も真下にあり大きな鉄パイプらしきものが建っているのが見えたり、北ヤード一期工事の予定地が綺麗に整地されていて建設開始が近いのでは、と考えたりしてました。

 母は、この梅田北ヤードを見ながら「ここにビルの街が出来るの?」と興味津々で見ていました。
 是非とも建設途上と完成してからも見せに連れて来たい。そして父も一緒に。さらに将来の私の奥さんも。そして子供も。

 このアクティ大阪からの眺める大阪の街は、これからの変化が激しくて長い間楽しめそうで、大阪の新しい観光スポットと言えるでしょう。
 梅田北ヤードは素より、その梅田北ヤード周辺のヤード機能の移転による郵便や日通関連の施設の建て替え、阪神百貨店・新阪急ビルの建て替え、大阪中央郵便局の建て替え、フコク生命ビルの建て替え、阪急の建て替え、など思いつく限りを挙げてもこれだけの建物の解体と建設がある。

 今や、これだけの変化が一目で一望出来て楽しめるのは、日本広しと言えどもこのアクティ大阪だけ。
 そのアクティ大阪自身の増床工事もありますし、建設に興味があっても無くても楽しめる一大スポットとして宣伝して欲しいものです。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by 松村和弘 at 11:31| Comment(0) | 上阪感想記:番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。